NO!全身脱毛 賢い脱毛のすすめ

脱毛、ちょい待ち![写真あり]後悔しない脱毛プランって?

ケノンの使い勝手をシルクエキスパートと比べてみたww/

  2016/06/04

ブラウンのシルクエキスパート。

脱毛=エステか、クリニックに行かないと脱毛できない、と思っていた人に

自宅にいながらエステ級の脱毛ができる」という点が大うけして、バカ売れしていますね。

かくいう私もその一人。

ブラウンといえば、品質に間違いなし!と言われるメーカーとして有名ですし、

買いたいアイテムでブラウン社製があれば、絶対ブラウンという、メーカーファンが多いことでも知られています。

実は、私もそうです。

もともと、ブラウン=髭剃り、というイメージしかなかったのですが、お菓子づくりを習いはじめ、

その教室で、ブラウンのハンドミキサーを使い、「うちのハンドミキサーと全然違う!」と、驚いたのがきっかけでした。

スポンジ生地を作る際に、卵を泡立てるのですが、自宅のハンドミキサーで作ったスポンジと、

ブラウンのハンドミキサーでは、プロとアマチュアの差がはっきりわかる違いだったんです

ブラウン=髭剃り、としか思ってなかった私は、それ以来、ブラウンに恋い焦がれ(笑)

けっこう色々な家電をブラウン製のものにしたわけです。

で、そんなブラウンから、脱毛器しかも、家庭用が出ると聞いたら、もう、待ってられません。

そこそこ調べて、迷わず購入☆

が、、VIO脱毛が希望していた部分ができないことが分かり、撃沈

で、ケノンを購入したわけです。

が、どうせなら、両方を使ってみようと、身体の半分はケノン、半分はシルクエキスパート、という使い方をしています。

まず、持ってみた感じですが、シルクエキスパートが若干大きいです。

これは、本体とフラッシュが一体型ということから。

ケノンは、持つ部分は小さめ、でも、本体は別です。

本体からのコードは十分な長さがあるので、背中がやりにくいとか、そういうことはありません。

どちらも、フラッシュの部分をぴったりと肌に密着させて、「フラッシュ!」です。

これは、慣れればどちらがいい、悪いというのはありません。

形状も似てるので、たぶん、人間工学的に?使いやすい形がこの形なんだろうと想像できます。

重さは、ケノンの方が軽いので、背中とか、太ももの裏とか、若干、届きにくい体制で処理する場合は、

軽いケノンの方がいいな、と感じます。

が、シルクエキスパートが重いわけではありません。

シルクエキスパートは、見えない場所でも(背中)どんどん、フラッシュしてOKです。

見えないと、肌の色と出力レベルのバランスが気になるところですが、自動調整してくれるので、

ひたすらフラッシュできますので、処理が早いです。

ケノンの場合は、見えないところは、肌の色が確認できず、このレベルで大丈夫かな?と、不安になります。

特に、これから背中が空いている服を着て、日焼けしてしまうと、レベルを落とさないとダメなので、

注意が必要だな、と感じました。

ただ、気になる場合は、低いレベルでフラッシュすればいいだけなので、そこまで問題ではないかも、、です。

というか、背中のムダ毛のお手入れしよう、という意識の高い人は、根本的に美意識が高いから、日焼け止めは塗ってるだろうし、問題ないでしょう。

また、VIOのIラインは、シルクエキスパートではNGですが、ケノンならお手入れ可能可能です。

色素沈着もある場所なので、自分でレベルを確認して、低レベルから照射できるケノンが安心です。

ケノンはこちら
脱毛器ケノン

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

 - ケノン, シルクエキスパート