NO!全身脱毛 賢い脱毛のすすめ

脱毛、ちょい待ち![写真あり]後悔しない脱毛プランって?

レイボーテでVIO脱毛はできるのか?本当のところを調べてみた

  2017/04/16

ヤーマンといえば、美容家電のトップメーカー。

そのヤーマンが発売した光脱毛「レイボーテ」かなり評判がいいのです☆

そこで、一番気になるVIOが脱毛できるのかをしっかりチェックしました。

まず、結論から言うと「レイボーテ」でVIOは脱毛できます

が、公式にIラインとOラインはOKとは明示されていません。

言い換えれば「自己責任」つまり、使って何かあっても、知りませんよ、ということです。

実際には使っている人はたくさんいます。

が、実はかなり使いづらいのです。

なぜかというと、ヘッドが大きい!特に、Iラインに使うには、「レイボーテ」はヘッドが大きすぎて、使い勝手が悪いです。

重さもずっと使うにはちょっとヘビーな感じです。

Vラインは、まだ我慢できますが、Iラインは、粘膜に当たらないように慎重に当てたいので、正直おすすめできません。

やはり、VIOラインの脱毛なら、ケノンの方が断然おすすめできます。

ヘッドの大きさが程よく、Vラインはもちろん、Iラインの微妙な狭い場所でも、ストレスを感じず、自分で綺麗に処理できます。

では、どうやって、ケノンでIラインを処理しているのか、私のやり方をご紹介します。

まず、白いショーツをはきます。

白いショーツを履くことで、光がショーツに当たっても、白色にはレーザーが反応しないからです。

白いショーツを持ってない人は、100均でも売っているので、脱毛用に購入しましょう。

そして、少しショーツをずらし粘膜の部分を隠すように、かつIラインの毛が見えるように調整します。

で、電動カミソリ(顔用)を使って、Iラインを剃ります。

できれば、前日に剃るのがいいのですが、Iラインは剃るのが難しいです。

自分で剃ってるのって、ちょっと笑えますし、電動カミソリって微妙な振動なので、正直、Iラインに当てると、ちょっとビビります(笑)

当日剃っても深剃りになる場所ではないので、時間がなければ、当日剃ってもいいしょう。

で、剃ってから、そのままだと、ついている毛にレーザーが反応して、「アチッ!」となります。

私は必ずシャワーであそこをしっかり流して、剃ったあとの毛を流します。

その後、「ケノン」で処理します。

Iラインにあてるときは、一番弱い出力であててください。

その時の痛みを確認して、少しずつパワーをあげて使うのがいいです。

白いショーツをはいていれば、その場所は「ケノン」は反応しないので、けっこうしかりIラインにあてて大丈夫です。

私は痛くないので、どんどんパワーをあげましたが、痛みの感じ方は人それぞれなので、少しでも痛いと思ったら、いったんやめて、しっかり保冷材で冷やしてからあてます。

ケノンは、パワーを10段階調整できるので、不安な人は一番弱いパワーで当ててください。

持ちやすい形状なので、Vラインはもちろん、Iラインの処理にはぴったりです。

ケノンの詳細はこちら

脱毛器ケノン

 

 

 

広告

 - ケノン, ヤーマン, レイボーテ, VIO , , , ,