NO!全身脱毛 賢い脱毛のすすめ

脱毛、ちょい待ち![写真あり]後悔しない脱毛プランって?

痛い脱毛は嫌!必見!痛みに弱い私がケノンに乗り換えた理由

ムダ毛の処理って、いろいろな方法がありますよね。

私はまず、わき毛の処理からスタートしました。

当たり前ですが、夏場は、ノースリーブや、半そでなど、脇の毛が気になります。

最初の脇毛処理は、T字カミソリ。お風呂に入り、しっかり石鹸を泡立て、そっと滑らせて、丁寧に剃る、というのを毎日やってました。

が、ちょっと気を抜いて、シャワーだけの夜は、つい剃らずにそのまま、ということもあり、翌日の昼頃には、黒のぽつぽつが、、。

そして、そんな日に限って、腕を上げたり、脇が目だつ、というか、気になることが多く、毎日の処理が面倒で、いつでも気にせず、ずっと脇のムダ毛が気にならなかったらいいなーと、思っていました。

で、レーザー脱毛をしようと決めたのですが、値段が高いことと、通うのが面倒(予約をとっても仕事の都合で行けなくなる確率が高い)で断念。

そして、家で好きな時に処理ができる、という点、医療レーザー脱毛と同じレーザーなので、完璧に綺麗になる、という点にひかれて、「トリア」という家庭用脱毛器を購入しました。

が、、このトリア、、とにかく痛いのです

トリアを買ったときは、「家でできる、綺麗にできる」という点が素晴らしくて、「これ!」と、ほぼ一目ぼれに近い感覚で購入したのですが、使い心地については、ほぼスルーしていました。

いえ、スルーというよりも、気づかない、というか、「綺麗になる」ことしか目的がなくて、そこに至るまでの道のりが痛いとか、辛い、というのは、考えが及ばなかったというのが正しいのですが。

ここで、考えてみるべきなのが、「脱毛に対しての意識のレベル」です。

何が何でも、すっごく綺麗にしたい、痛くても、辛くても平気!というなら、トリアでもいいでしょうね。

でも、実際のところ、トリアって、痛すぎて続けられない人が続出しています。

しかし、続けている人がいるのも事実。じゃ、その差は何か?と、考えると、やはり「脱毛に対する切迫度や、意識の高さ」なのです。

とにかく、早く、確実に綺麗になりたい、そのためには手段を択ばない、それなら、トリアもいいですが、私のように、ある程度時間がかかってもいいから、安全確実に綺麗になれば、、という場合は、トリアでは荷が重すぎるということです。

ゴルフをやる場合、「ゴルフでプロになるから、どんな苦しい練習にも耐える!のと、「趣味で楽しくのんびりゴルフをやる」では、練習方法も量も違うので、レッスンもまったく違うものになります。

脱毛もそれと同じです。私がトリアを買ったのに(そこそこ高かった!)ケノンに乗り換えたのは、私の脱毛に対するニーズが、「時間がかかってもいいから、のんびり家で綺麗になったらいいな」だったんです。

そして、「痛いのはいや!」ということ。

自宅でできて、確実にできる、そして痛くない脱毛なら「ケノン」です☆

ケノンはこちら

 

 

広告

 - ケノン, トリア, 脱毛